ウイングヒルズ白鳥リゾートの口コミ評判は?リフト券&レンタル料金まとめ

ウイングヒルズ白鳥リゾートの口コミ評判は?リフト券&レンタル料金まとめ

ウイングヒルズ白鳥リゾートは、奥美濃地域で最も降雪量が多いゲレンデでハイシーズン中はパウダースノーも期待できます。

6人乗りのゴンドラもあるので仲間とワイワイしながら一気に頂上へ。最大滑走距離3500m、平均傾斜20度と初心者でも安心してゆっくり滑ることができます。

また、全日本予選も開催されるハーフパイプもあるため、滑りに自身がある上級者でも楽しめるゲレンデです。センターハウスには天然温泉「満天の湯」もあるので冷えた身体を癒すのにいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ゲレンデマップ・コース情報

コース数9本(初級30%・中級40%・上級30%)
リフト数ペア1基・クワッド2基・ゴンドラ1基・ロープトゥ・ティーバー1基
最長滑走距離3,500m
最大斜度35度
標高最上部:1,350m / 最下部:870m
人工降雪機
ウイングヒルズ白鳥リゾートの口コミ評判は?リフト券&レンタル料金まとめ

リフト券料金

大人シニア(55歳以上)中高生子供(3歳~小学生)
1日券
(平日)
4,200円3,300円3,300円1,200円
1日券
(土日祝日・年末年始)
5,200円3,300円3,300円1,200円
午後券3,700円
1時間券1,500円

スノーボードレンタル料金

大人ジュニア
スノーボード3点セット1日5,000円1日2,800円
ウェア1日3,900円1日2,800円

ウイングヒルズ白鳥リゾートの口コミ評判

(滋賀県/30代/男性)
(滋賀県/30代/男性)

東海北陸道 白鳥インターから30~40分ほど。毎年、スタックする車に遭遇する峠を登りスキー場へ。コンパクトながら満足感のあるゲレンデ、リフトも効率的でゴンドラもある。初心者やリフトが苦手な子供連れでもトップから滑走を楽しめ、コースは少ないが楽しく滑れ、また行きたくなる。当日はスキースクールに入ったが、その中でコーチから言われた一言・・・板に対して膝を曲げてうまく荷重がかけられず苦労してたところ「なぜできないのかが理解できない!」と。それをできない生徒に対して分かりやすく教えるのが仕事では?中腹やベースにあるレストランは、値段は一般的なレベルで味もそこそこ。メニューは豊富だと思う。

(非公開/30代/非公開)
(非公開/30代/非公開)

いつもは福井のスキー場に行くことが多いですが、初めて行ったウィングヒルズは、あまり上手ではない私にはちょうど良く、非常に滑りやすかったです。子供たちはゴンドラにも楽しそうにしてました。リフト券が前売りだと安いので、家族スキーにはお財布にやさしいですね。

(非公開/非公開/非公開)
(非公開/非公開/非公開)

どのコースで麓まで滑ってもゴンドラに乗ることができるので、一日にかなりの本数を滑ることができます。

(岐阜県/50代/男性)
(岐阜県/50代/男性)

ウィングヒルズのメイン駐車場に留めてもいいですが、坂を下る手前のところからはいれる温泉の駐車場も便利でいい。しかし、最後にゴンドラの向かって右側の中級斜面を下らないと駐車場にいけない。ご注意を。アルペンカードがあると割引有。滑った後の温泉が最高です。一般の駐車場に留めても、温泉駐車場はFREEです。ぜひ!リフト券も50歳以上はシニア割引、小学生は1000円、コスパも良い!

(岐阜県/非公開/女性)
(岐阜県/非公開/女性)

雪が少し降っていたのもあって、パウダースノーが楽しめました。 雪質もふかふかで転んでも痛くないくらいサイコーでした。 霧がすごくて前が見えなかったのはちょっと危険だと思った。

ゲレンデ営業情報

スキー場名ウイングヒルズ白鳥リゾート
住所〒501-5231 岐阜県白鳥町石徹白峠山1-1
営業時間8:00~16:30
駐車場1,800台(平日無料)
電話番号TEL:0575-86-3518
施設設備センターハウス・レストラン・お風呂・温泉・SPA・更衣室・ロッカー・ご当地料理・その他
公式サイトhttps://winghills.net/snow/

おすすめのスノーボードツアーは?

ゲレンデへは高速バスや新幹線で行くつもり、また宿泊もするならツアーパックが断然お得です!スキー&スノーボードのツアーやパックを取り扱っている主要旅行サイトは以下の通り!

ツアーサイト特長
楽天トラベル楽天ポイントが貯まる!
じゃらんお得なクーポン多数!
オリオンツアー格安のバスツアー!
JTBリフト券付き日帰り新幹線パック!
近畿日本ツーリストリフト券付き宿泊&交通セットプラン!
日本旅行高速バスやレンタカーの割引!
J-TRIP飛行機で北海道へ行くなら!

今年のスノーボード旅行は便利でお得なツアーを利用してみてはいかがでしょうか?

スノーボード
スポンサーリンク
この記事を書いた人
SnowBoardGeek

自称「SnowBoardGeek(スノーボード・ギーク)」の元プロライダーで現在は都内の某有名スノボショップの店員をしています。プロ引退後もヒトリストとしてゲレンデに出没してます。

SnowBoardGeekをフォローする
スポンサーリンク
10-PLATE

記事のコメント